新株引受権証書

新株引受権証書とは、新株引受権を表示する証書・有価証券のこと。ワラントとも呼ばれる。

株主等に割り当てられる新株引受権に譲渡性を付与する際や、新株引受権付社債を分離型で発行する場合に発行される。

新株引受権証書に基づく新株引受権の行使や譲渡は、新株引受権証書の交付、引渡により行われる。上場会社が発行する新株引受権証書は証券取引所で売買される。

新株引受権付社債とは、社債権者に起債会社の新株の引受権が付与された社債で、ワラント債といわれる。分離型の新株引受権付社債は分離型ワラント債ともいわれ、新株引受権証書が切り離されて譲渡または行使された後に残る社債券をエクスワラントまたはポンカス債という。

新株引受権は、所定の期間内(通常は社債の償還期限内)に、所定の発行価額により、所定の数または額の新株の引受(発行)を起債会社に請求することができる。

社債に株式を取得できる権利が付与されている点では、転換社債と類似し、新株引受権付社債の保有者は社債投資の安全性を確保しながら株式投資の投機性を享受することができ、起債会社は普通社債よりも有利な条件(低利回り)で起債することが可能となる。