政国逆転

政国逆転とは、政府保証債(政保債)と国債における、流通利回りまたは発行条件の逆転現象のこと。

発行体の信用度や流動性から、同一の年限であれば国債の利回りは政府保証債より低いのが一般的である。しかし、上場債である国債に対し政保債は非上場債であるため、低価法を採用している投資家にとっては非L場の政保債のほうが国債より魅力的な投資対象になることがある。まれに政保債の利回りが国債を下回る逆転現象が発生する。