支払準備率

支払準備率とは、連邦準備銀行が顧客の預金における現金および流動資産を保有する割合のこと。連邦準備制度により規定されており、
割合は連邦準備制度理事会の裁量により改定される。

ある銀行が、自行は支払準備金を積みすぎていると判断した場合は、それを必要とする他の銀行に貸すことが可能である。このような非常に短期のローンをフェデラル・ファンドといい、貸し手が課す金利はフェデラル・ファンド・レート(FF金利)と呼ばれる。

また、フェデラル・ファンド・レートは、多くの企業が発行する社債や、各国の政府が発行する国債のベンチマークともなる。