操作目標

操作目標(operating target)とは、金融政策の最終日標達成のために、中央銀行が政策手段で直接操作することができる金融変数。

中央銀行はこの操作目標の変動により、中間目標をコントロールし、最終目標の達成を目指す。

短期市場金利、支払準備、ベースマネーなどが該当する。操作目標は政策効果の波及経路のなかで、最も中央銀行に近く操作しやすいため、政策手段の影響を強く受けるが、一方で最終日標との因果関係は一様でなく、予想と違う効果を出してしまう可能性があるのが特徴である。