撤回可能信託

撤回可能信託とは、贈与者すなわち信託を設定して財産を譲渡する者が、修正や解約を行うことができる生前信託のこと。

贈与者の死亡時には、信託資産は、遺言書ではなく信託で指名された受益者に直接移転されるため、有効な相続計画ツールであるといえる。

しかし、撤回不能信託に資産を譲渡する場合と異なり、贈与者は資産に対する権利を放棄していないため、資産は贈与者の遺産に含まれたままである。信託資産を含む総資産額が免税額を上回る場合、連邦(政府)または州の相続税が課されることがある。