指し値

指し値とは、特定有価証券の買い注文または売り注文を行うために、ブローカーに売買価格を指定すること。

取引が指し値で完了できる場合、注文は行われるが、この価格が付かなければ、買いも売りも成立しない。

指し値注文の利点は、希望価格より高値で買ったり、安値で売ったりしなくて済むことである。株式ブローカーが価格を監視しているので、有価証券が希望価格に到達するまで個人が待つより、指し値で取引が成立する可能性のほうが高い。

指し値を設定する、つまり指し値注文を入れるともいうが、これに欠点があるとすれば、有価証券が短期に激しい値動きを見せて指し値を超してしまう動きの早いマーケットでは、取引が成立しない場合がリスクがある。