持ち株会社

持ち株会社とは、別の会社の議決権株を取得し、対象となる企業を完全に保有するのではなく、経営的に支配する親会社のこと。

この手法の利点は、持ち株会社が最低80%の議決権株を所有している場合、子会社の業績が好調なときには非課税の配当を受け取り、また業績が低迷しているときには事業損失を一部償却できること。

持ち株会社は株主の立場のため、対象となる会社の債務からある程度は免れている。