持ち出し可能な給付金

持ち出し可能な給付金とは、離職したり転職する際、一緒に持ち込むことができる給付金または積み立てられた資産のこと。

現職で401kプラン、403bプラン、457プラン、あるいは他の確定拠出年金制度に拠出している場合、積み立てた資産を個人退職勘定(IRA)、または次の雇用主の年金プランを受け入れるのであれば、プランを変更することが可能である。

一方、確定給付年金制度で年金からの給付金を受けるために積み立てた資産は通常、通算不可能である。

雇用者が提供する団体健康保険の保険給付も、医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律により、通算可能となることがある。それまで団体保険の適用を受けていた被雇用者が、新しい雇用主のところへ転職する場合、転職先の健康保険プランは、既往症を理由にこの被雇用者を除外できない。