拘束性預金

拘束性預金とは、預金者の預金のうち事実上引出し不能な預金のこと。

こうしたケースは、預金者が金融機関から融資を受けている場合に生じ、具体的には「歩積み」「両建て」の名でよばれる。

1963年に、公正取引委員会が拘束性預金に対する独占禁止法違反のおそれを指摘して以来、減少傾向にある。