担保契約

担保契約とは、融資のために資産を担保として差し入れる契約のこと。

投資家が信用取引口座で空買いをしたり、空売りをしたりする場合には、その債務の担保として有価証券を差し入れる。

証券会社からマージン・コール・がかかり、投資家がその要求に応えられなかった場合には、証券会社は、担保有価証券を売却して損失を補充することができる。

個人が不動産担保に入れ、ローンの支払い義務を守れなかった場合には、貸し手にその不動産を売却する権利を与えることになる。