担保付社債信託

担保付社債信託とは、社債発行会社の信託を受けて実施される担保物件の評価、保存管理、担保権の実行、社債権者集会の決議事項の執行など担保付社債に関するさまざまな信託業務を指す。担保付社債信託は信託法成立前の1905年に成立した担保附社債信託法によるものであり、信託業としては日本でもっとも古いものである。

普通銀行、長期信用銀行等は各業法で担保付社債信託業務を営むことができる旨が規定されているが、社債権者保護のために専門的な知識と経験を必要とするので、別途、担保附社債信託法にもとづく金融庁長官の免許が求められる。