抵当証券

抵当証券とは、抵当証券会社がその不動産融資債権(当該不動産への抵当権)を証券化して投資家向けに販売するもの。抵当証券会社のほか、主要銀行・証券会社などで取扱われている。満期は1年から5年、購入単位は50万円、100万円が一般的。

抵当物件の存在でそれなりの安全性を有するものの、元本保証はない。

利子が半年ごとに支払われるため、複利運用で高利回りの確保がしやすい。収益は税法上雑所得。