投資適格格付け

投資適格格付けとは、S&PのBBB以上かムーディーズのBaa以上の、4つのカテゴリーに格付けされた債券のこと。

格付けは、債券発行体による利払いや元本の返済が、金額かつ期日どおりに行えるかの見込みなど、多くの基準に基づいている。

ある債券が投資適格と格付けされると、その債券の発行体には支払い能力があると見なされ、債務不履行リスクが最小であることが債券保有者に示される。