投資者保護基金

投資者保護基金とは、証券会社が破綻などで一般顧客へ顧客資産を返還できない場合に備えて積み立てる基金のこと。証券会社金融商品取引法で顧客の資産を自社の資産と分別して保管することが義務づけられており、制度上は破綻時の顧客資産の返還が担保されているが、分別保管が徹底されていない場合や、顧客分別金の計算との時間差などで顧客資産の返還が実施されない危険性も完全には否定できない。

このような事態に備え、破綻証券会社が顧客資産を弁済できない場合の一般顧客の請求による支払と迅速な返還を履行するための証券会社向け融資の業務を行うものとして、1998年に当基金が証券取引法に定められた。保護対象頭客は適格機関投資家や国、地方公共団体などを除く顧客(一般顧客)であり、支払限度は1,000万円である。

基金は証券会社を会員とする法人で、証券会社は基金加入が義務となっている。