投機的動機

投機的動機(speculative motive)とは、通貨保有動機の1つ。J.M.ケインズが『一般理論』で主張した債券価格の変動に関する期待を反映して、投機的動機にもとづいて一定の通貨が需要される。

たとえば、金利に底値感があるときには、将来の債券価格下落が見込まれるため、資産の一定量を債券ではなく通貨として保有することが望ましいことになる。

取引動機予備的動機は主に取引規模に依存するが、投機的動機は利子率に依存する。