払込資本金 (paid-in capital)

払込資本金 (paid-in capital)とは、すでに株式を発行して実際に払い込まれているもの。

これは資本金分割払込時代の名残の用語である。
授権資本制では、定款に定められた授権資本の範囲内で全額払込の株式を募集する。1950年改正前の旧商法では株式の分割払込が認められていたため、資本金と払込資本金が一致しない場合があった。

たとえば5万円額面で200株の会社において500万円だけ払い込まれたとき,資本金は1,000万円となるが払込資本金は500万円となる。

現在は新株発行価額の2分の1までの額(額面株は券面を超える額のみ)を資本準備金とすることができるので、資本金は発行済株式の発行価額の総額か、それ以下の関係にある。