手形貸付

手形貸付とは、借り手を振出人、銀行を受取人とする約束手形により行う貸付で、主に企業の運転資金に用いられて、日本では最も一般的な信用供与形態である。貸付にあたり銀行が手形を徴求するのは、担保差入や再割引によりこれを資金化できる、法律上の取立手続が簡便、利息の前取りが可能などの理由のためである。

形式的には手形上の債務者が1名であるため、割引手形の複名に対して単名手形ともよばれる。