手元流動性

手元流動性とは、企業などが保有する各種資産のうち、容易に資金化して決済に使用できる資産のこと。具体的には現金、預金、短期所有有価証券の合計である(短期所有有価証券を含む際は、広義手元流動性とよばれる)。

手元流動性を売上高で割った指標は企業金融の状況を測るうえでの重要な指標となる。