手付金

手付金とは、買い手が売り手に対してその購入意志を示すために提供する資金のこと。

家などの購入を決めた場合、一般的には買う気を示す証拠として手付金を支払う。

手付金は申込金または証拠金とも呼ばれ、通常は購入を決めた地域で標準的な固定額がある。手付金は、不動産を購入する契約を結ぶ際に支払う頭金とは異なり、頭金は購入価格の一定割合で表される、より高額の現金による支払いのことである。

売り手と買い手が販売条件に同意しなかった場合、手付金は返却される。