成長通貨

成長通貨とは、経済の成長により経済の規模が拡大した分、経済にとって必要な通貨量も増えるが、この部分の増えた分の通貨のこと。

中央銀行が成長通貨を供給することは景気と物価に対して中立的と考えられている。

日銀では、成長通貨を原則として長期国債の買いオペでマーケットに大きな影響を与えないようにして供給するという考え方を持っている。