応募超過

応募超過とは、新規株式公開(IPO)で、発行される株式数よりも株式の買い手による需要が多い状態のこと。

流通市場でこれらの株式の売買が開始されると、株価は上昇、ときには急騰する。活発な取引期間の後、株価は下落して公募価格に近づくケースが多い。

シンジケート団と呼ばれる投資銀行のグループは、話題のIPOを引き受けるときに、公募価格と同額での追加株式の販売を認める取り決めを、発行会社との間で行っている場合がある。