彼岸底・彼岸天井とは

彼岸底と彼岸天井とは、彼岸の頃の安・高をいう。秋から新米が出てくるため、秋の彼岸の頃に相場が天井、そして、春の彼岸の頃に底となる場合が多かったことから米相場で生まれた言葉。