当座預金

当座預金とは、預金者が必要に応じて自由に払出しを請求できる預金であり、主として企業の決済用に使われる。

通常、企業は取引銀行と当座勘定取引契約を結び、その契約にもとづき当座預金の払出しを取引銀行を支払人として振り出した小切手もしくは取引銀行を支払場所とした約束手形・為替手形で行う。

なお、当座預金は1944年以来、無利息である。