建設国債

建設国債(construction bond)とは、財政法4条1項但書にもとづき、公共事業費、出資金および貸付金の財源にあてるために発行される国債。

この3つの費目は、建設的または投資的な経費であって、経費支出見合いが国民の資産となって残り、国民全体が等しくその利益を享受できて、国民経済に好影響を及ぼして国の財政を潤すことになるとの考え方に立っている。