店頭取引

店頭取引(over-the-counter transactions)とは、顧客の注文へ業者(証券会社もしくは公共債の場合には公共債売買業務登録金融機関を含む)が、みずから取引の相手方となって、自己ポジションで顧客の注文に買い向かう、あるいは売り向かう取引。

業者同士が自己ポジションで行う形態もある。店頭取引は個別に相対形式で行われ、取引の方法や条件も当事者間の交渉で都度決定される点で証券取引所取引と対比される。

日本の場合、非上場株式、新株引受権付証券、債券オプション、公社債(およびその現先)が店頭取引の対象となる。近年では公社債店頭取引における店頭気配公表制度の開始や、非上場株式の店頭登録制度および価格情報システムの拡充など、店頭取引市場の流通性の向上と投資家保護を目的とした制度の整備が実施されている。