年金基金

年金基金(pension fund)とは、一定の年齢に達すると支給される年金制度の基礎となる資金年金加入者の積立金のことを指す。年金制度により積み立てられた資金と国、事業者などの補助金および運用収入から成り立ち、受給者に年金を支払う基盤となる。単に基金またはファンドとよばれることもある。

年金は、運営主体別に公的年金と私的年金に分けられる。私的年金は企業が従業員を対象に行う企業年金と個人が金融機関と直接契約する個人年金に分けられる。

企業年金は、公的年金を補完するため1962年から企業が独自に実施し、税制面の優遇措置の要件を満たす適格年金制度が発足した。1966年に厚生年金基金設立で調整年金制度が導入されたことで、急速にその規模を拡大している。

公的年金制度には全国民が加入して基礎的給付を行う国民年金と、それに上乗せして報酬比例の年金を支給する被用者向けの厚生年金保険、共済年金、自営業者向けの国民年金基金がある。