年金信託

年金信託(pension trust)とは、公的年金以外の私的年金制度により集められた資金を信託銀行が受託する金銭信託の一形態。

企業・団体が従業員の福祉のために行う企業年金と、個人が自助により老後に備える個人年金の2つに大別されるが、一般的には企業年金を指すことが多い。企業年金はさらに、根拠法などによって適格(退職)年金信託(1962年に法人税法および所得税法改正で創設)と、厚生年金基金信託(1965年、厚生年金保険法改正で設立。調整年金信託ともいう)の2つに分かれる。

適格年金信託では年金制度を実施する企業が委託者で従業員が受託者となり、厚生年金基金信託では厚生年金基金が委託者兼受益者となるが、両方信託銀行を受託者とする単独運用指定金銭信託という点で共通している。