帳簿価格

帳簿価格とは、企業の株式と債券の純資産価値のこと。

帳簿価格の算出には、まず企業の資産から短期と長期の負債を差し引くことで純資産を求める。

次に、純資産を普通株、優先株または債券の数で割り、 1株当たりの純資産価値もしくは1債券当たりの純資産価値を求める。

帳簿価格は、ときに企業の資産で債務残高やエクイティ発行をまかなうことができるのかを判断する方法としても引き合いに出される。