希薄化

希薄化とは、企業が株式を追加発行する場合に発生し、1株当たりの利益と1株当たり純資産価値が減少すること。

純資産価値が減少するのは、1株当たり利益と1株当たり純資産価値を計算する場合に、総収益もしくは純資産価値を発行済株数で割るためである。

株数が増えれば増えるほど、1株当たりの価値は下がる。1株当たり利益の減少が処分売りの引き金になる場合があり、それにより株価が下がる。これが、企業が追加資本を調達する際に、新株発行よりも債券発行を選ぶ理由の一つでもある。

同様に、企業合併や企業買収の際、新会社の合計株数に比例して利益が増えなければ、収益が希薄化される場合がある。また、株式に付与されたワラントやストック・オプションが行使されたり、企業が発行した転換社債や優先株が普通株に転換されたりすることでも、希薄化が発生する。

企業はこのような希薄化に対する価値の損失を、希薄化後1株当たり利益として株主に対し報告しなければならない。