市場集中義務

市場集中義務とは、証券取引所に上場している有価証券は、証券取引所でその取引を行わなければならないという義務。

これは有価証券の公正な価格形成と円滑な流通のためには、有価証券の需給を取引所に統合させる必要があるという考えにもとづくものである。

日本の場合、証券取引所はその定款で、会員証券会社に対して上場有価証券の市場集中義務を長年にわたって課してきたが、日本版ビッグバンで1998年12月に撤廃された。