市場性資金

市場性資金とは、銀行が資金管理のうえで市場から調達する資金。

銀行負債の大部分を占める預金は、顧客を窓口で識別したうえで1件ごとに受け入れるが、これを相対取引とよぶ。

これに対し、コールマネー、手形売却、CD(譲渡性預金)発行などは不特定多数から競争市場で調達することになり、これは市場取引とよばれる。銀行の市場取引での市場性資金の調達は増大しつつあるが、預金に比べて金利リスクや流動性リスクが大きいのでリスク管理が求められる。