差金決済とは

差金決済とは売買の対象となった現物の受渡をせずに、反対売買を行ってその結果生じた損益を現金で決済することをいう。債券先物取引の創設にともなう証券取引法の改正によって差金決済取引が可能となった。

債券指数先物取引のような現物がなく抽象的な商品の取引は現物の受渡がありえないことから、差金決済を前提としたものである。