州際業務の禁止

州際業務の禁止とは、米国における州境を越えての銀行業務を禁止する制度。1927年のマクファデン法および1956年銀行持株会社法ダグラス修正条項で確立された。

しかし1980年代に入って、経営難に陥った金融機関の救済などを目的として他州の銀行持株会社に銀行買収や設立を認める州や、他州との間に地域協定を結んで相互に銀行持株会社を通じる州際支店を認める州が増えていったため、1995年9月に撤廃された。