少数株主権

少数株主権とは、株式会社において発行済株式総数の一定割合または一定数以上の株式を1人でまた数人人が本同で保有していることを要件として株主に行使が認められる株主権のこと。

少数株主権対して1株の株主でも行使できる権利を単独株主権という。株主権のうち自益権は単独株主権である。共益権には単独株主権と少数株主権がある。

議決権以外の共益権は多数派株主や取締役による多数決の濫用等から個々の株主の利益を守るために認められている。このうち少数株主権には、その濫用を阻止するため株式保有要件が定められている。