小口金融

小口金融とは、小額の融資を業とすることをいう。貸金業法では、無担保の簡易な審査による融資は50万円を限度とすること、と定められている。これは小口金融を規制の対象と想定したものである。
アメリカでは、小口金融貸付に関する法律の代表として、イーガン・アクト法がある。