対数目盛

対数目盛とは、元の数が何倍になったのかを示す対数の目盛りのこと。元の数に対する相対比較が容易になる。

対数目盛のグラフ上では、投資商品、指数、平均といった価格の類似した増減率は見かけ上同じように示されるが、実際の変化の値は著しく違うことがある。