対外証券投資

対外証券投資とは、居住者が資産運用のために非居住者が発行した株式や公社債などの外貨証券に投資すること。

日本の場合は、1980年12月の改正外為法施行で指定証券会社を通じての証券取引が自由化された後、1996年には全面白由化された。

対外証券投資は為替相場や内外金利差の影響を受けつつも着実に増加し、重要な運用手段として定着した。