定期生命保険

定期生命保険の契約とは、被保険者は、毎回期限までに保険料を完納した場合、再認定を受けることなく保険期間を延長、更新が可能な生命保険のこと。

他の保険会社なら契約を拒否されるか、同等の保険内容でもより高い保険料を課される可能性があるため、最初の契約時よりも健康状態が衰えている場合には非常に有利となる。

更新可能定期生命保険の契約によって、次の保険期間にも同じ保険料が保証されるわけではない。被保険者の加齢により保険会社にとってのリスクも高くなるため、更新のたびに料金が上がる可能性が高い。