定期性預金

定期性預金(time and savings deposits)とは、あらかじめ定められた預金期間の満了まで払戻しのできない預金のこと。定期預金がその代表的なものである。定期預金証書(CD)のように、銀行や貯蓄貸付組合の口座に定期で資金を預け入れる商品が多い。

預金者が自由に引き出せる要求払預金(当座預金、普通預金流動性預金などと呼ばれる)の対立概念である。

定期性預金は、銀行側からみたときには要求払預金よりも安定した資金となるため、定期性預金の金利は要求払預金に比べて高い。

しかし、満期前に定期性預金勘定から資金を引き出すと、ペナルティを払わなければならない場合があり、ペナルティが勘定にそれまでに加算されてきた利子全額に相当することもある。