安定運用とは

安定運用とは運用期間に応じて安定した成果をあげる資産運用のための戦略をいう。基本的な戦略としては、株式・債券・預金・短期国債の比率をバランスよく保つこと。

一般にリスクの高い資産運用は、株式、転換社債、長期国債である。

安定運用が成功したかどうかは、長期国債の利回り+インフレ率で計測するのが妥当である。他には高インフレ期でのインフレ相当率・名目成長率、低インフレ期でのインフレ率+3%なども用いられる。

保有株価が急騰した場合、安定運用 の姿勢としては着実に売り上る方針が基本的に求められることになる。

ファンドの基準価額が額面を長期間割り込むことは安定運用に反することになる。反対語は積極な運用でハイリスク・ハイリターンとなる。安定運用は基本的にローリスク・ローリターンである。→アクティブ運用