安定株主とは

安定株主とは、キャピタルゲインインカムゲインの取得を目的とせず、企業の業績や株価の動きにかかわらず長期にわたってその株式を保有しつづける株主のこと。対照的に、キャピタルゲインインカムゲインの取得を主な目的として、株価の上昇によってすぐに売却してしまう株主を浮動株主と呼ぶ。

安定株主には、経営者、取引先の金融機関などが多い。企業経営にあたって株主として発言することがあまりないことから、安定株主が多ければ多いほど企業のっとりなどの心配がなく、安定して経営できるというメリットがある。

しかしながら、安定株主の割合が多すぎると市場で取引できる株式の数が少なくなってしまい、株価の変動が激しくなってしまうことがある。