委託証拠金とは

委託証拠金とは、外国為替の証拠金取引、株式の信用取引、商品の先物取引などで取引が成立した場合に、投資家(委託者)が、証券会社などに納める証拠金のこと。取引における担保資金で、総取引代金に対して一定の割合を預けることになっている。


株式の信用取引では、委託保証金という。反対売買等で取引が終了した時点で返還される。また、市場価格の変動に応じて、一定の割合を維持することが求められ、株価等が大きく変動すると、追加の証拠金(保証金)を差し入れなければ強制的に反対売買が決済されてしまうことがある。これを追証という。委託証拠金は現金に限らず債券や株券などの有価証券でも代用できる。


取引所は相場が過熱した場合、委託証拠金率(委託保証金率)を引き上げることで、相場を冷却させることもある。