委託保証金とは

委託保証金とは証券会社が信用取引または発効日決済取引の委託注文を受けて執行したときに、顧客から預託を受ける保証金のこと。株式の信用取引の場合は顧客は約定金額の30%を約定日から3営業日以内に証券会社に差し入れなければならないことになっている。

保証金の最低預託額は30万円とされている。これは資金力の乏しい投資家が投機性の強い信用取引に参加するのを抑制するためである。

保証金は現金だけではなく、一定の有価証券でも代用できる。代用有価証券をあてるときの金額は、時価からある程度割り引かれる。

取引継続中に保証金から計算上の損失を引いた残額が、約定金額の20%を下回るときには3日以内に20%に達するまでの金銭もしくは有価証券を差し出さなくてはならない。これが追証と呼ばれるものであり、この場合の20%は委託保証金維持率という。