天候デリバティブ

天候デリバティブとは、原商品を天候指数とする先物契約のこと。

天候デリバティブは、相対的に無形のものから取引可能な商品を生み出すことで、金利や株価指数先物、オプションとほぼ同じように機能する。

アナリストは、過去の天候のパターン(気温や降雨量など)を見て、平均値を出し、天候が平均値から外れるリスクを数値化する。企業は、悪天候による財務上の損失のリスクをヘッジするために、天候デリバティブを利用する。