大株主とは

大株主とは企業の株主のうち保有している株式数がトップ10位以内に入る株主で、会社経営に影響を与える株主をさす。

金融機関、事業法人、会社役員などが大株主になっていることが多く、有価証券報告書にすべて記載されている。発行済み株式数の10分の1以上を保有する株主を主要株主というが、大株主が主要株主に該当することが多い。

主要株主が当該会社の株式売買で6ヶ月以内の短期で利益を得た場合には当該会社はその利益の返還するよう要求できるという規制が証券取引法で定められている。これは投資家保護と不公正取引の防止のためである。