大底とは

大底とは谷間のようになった相場の安いところを「底」といい、長期間下げ相場が続く場合は、底をいくつか作りながら下げていくが、このいくつかの底のなかでも最も低いところをいう。