大天井とは

大天井とは短期的には下がっても、長期には上昇相場が続いていく場合、相場の動きはいくつかの山をつくりながら上がっていく形となる。天井は山の一番高いところ、大天井は天井のなかでも最も高いところをいう。反対は「大底」。