大口取引

大口取引とは、少なくとも1万株の株式、または20万ドル以上の債券の売買を1回の取引で完了させること。

ミューチュアル・ファンドや年金ファンドを含む機関投資家は、個人投資家とは異なり、一般にこのように大量の取引を行う。