外貨預金

外貨預金(foreign currency deposit)とは、居住者、非居住者による外貨での預金のこと。為替リスクのある預金という点に特徴がある。

資金を様々な通貨で保有しておくことで、為替リスクを分散して低減させることができる。

銀行では為替リスクを回避するために、外貨預金に先物予約をつけて利回りを確定した定型化定期預金をつくって販売している。

バブル崩壊後の低金利政策やゼロ金利政策などの影響もあり、日本の銀行の預金金利が低いため、日本の銀行よりも金利の高い海外の銀行に預金する事で効率よく資産の運用をする事が可能となる。しかし、外貨預金には為替レートの変動によるリスクがあるため、日本の銀行に預金するよりもハイリスク・ハイリターンとなる。

FXは外貨預金と比較すると為替コストや手数料が安いため、外貨預金に代わり徐々に人気を集めている。しかし、FXは外貨預金と比べると元本・証拠金が戻ってくる可能性が低い。