外―内取引

外―内取引とは、ある国にとって居住者と非居住者との間で行われる取引のこと。

現在のオフショア市場の「外―内」取引の原型は、伝統的な国際金融市場であるロンドンで、ユーロダラー市場とともに自然発生した。

現在、英国のオフショア取引では「外―内」取引が自由化されているため、名実ともに内外が一本化しているが、米国等では、「外―外」取引に限定されている。